特に書くこともないが

前略

鴉河雛です

というわけで、なんか特に書くこともないんですがなんとなく更新の日記ですw

まぁ無いといったら嘘なんですが、色々書こうと思うんだけどうまくまとめられないので無いということでw

まぁまずは最近買ったGPD Pocketの話。

Xubuntuを入れてからは全くWindowsは起動しなくなり、そっち一本でやっているんですが、実際はまだ大したことはしていなくて、調べものしたりTwitter見たりとかそんなもんです。

この記事はGPD Pocketから書いているんですが、意外とキーボードもなれるもので、

以前書いたとおり「W」とか記号が打ちにくいとかそんなもん。

若干キーを強く押さないと反応してくれないこともありますが、レイアウト自体は結構慣れたので普通にブラインドタッチできます。

それ以外は特に問題はないんですが、相変わらずイヤホンジャックから音が出ないのと、

どうやらBluetoothが機能しないという問題くらいです。

Bluetoothはペアリングまではできるんですが、しばらくすると切れてしまい、

再接続不可になります。

公式(IGG)の方でもBluetoothは動かないって言っているのでこれはもうだめなのかな?

ようやくIGGのUbuntu版が出荷され始めたのでそろそろUbuntuを最初から使おうとしていた猛者たちが使い始めて、色々とLinux関連の記事が出てくることを期待してます。

(もろもろなおるといいな!)

次にFF14の話、

夜勤とかを除いて毎日ログインしてメインをノロノロ進めているわけですがw

やっぱり問題は夜間。

夜勤前の日とかはもちろん朝まで起きているわけで、

その間はFCメンバーも寝ていてログインしておらず、気晴らしにIDとかメインのIDとか行きたくてもなかなか行けないです。

もちろん、CFっていう手もあるんですが個人的にはCFは苦手でやっぱり知っている人たちでワイワイ行きたいという思いがでかいです。

やっぱりそういった人たちで構成された?LSとかに入ってみるのも手なのかなぁと思ったりもしたんですが、探してみてもほぼなしw

夜勤者向けっていうのも見つけましたが、直接Tellをくれと。。

私には荷が重いw

やっぱり夜間はギャザクラをやる時間なのかなw

ってなわけで今日はこのへんで。

では、また。


XubuntuにToucheggを入れました (GPD Pocket)

前略

鴉河雛です

というわけで、完全にXubuntuだけで使っているGPD Pocketですが(Windows消そうかなw)

タッチ操作がちょっと中途半端だったのでどうにかしようという話です。

どういうことかというと、タッチパネル自体はきちんと動作していてタッチも可能になっているんですが、

スクロールだったりのもろもろの操作が全くできず(クリックとかしかできない)、

マウスホイール等がないGPD Pocketだと結構使いづらくなっていました。

で、いろいろとネットで調べた結果Toucheggなるものを入れるとジェスチャー操作ができるということでしたので導入してみました。

まずはToucheggをインストールしていきます。

sudo apt install touchegg

GUIから設定したいので追加でTouchegg-gceを入れていきます。

git clone https://github.com/Raffarti/Touchegg-gce/
cd Touchegg-gce

qmake
make
sudo make install

これでようやくGUIから設定できるように。

起動してみると結構初期でいろいろと入っているのが見えます。

パット見た感じはそのままでも平気そうだったので放置w

後はToucheggを起動すればちゃんと動作します。(起動していないとだめなのがちょっと・・・w)

ちなみに、指二本でスクロール。

3本で↑にスワイプすると最大化!↓にすると最小化。

5本でタップすると対象のソフトウェアが終了します。

画面が小っちゃいのであれですが、結構便利ですw

というわけで、タッチパネルの問題も解消されたのでちょっとしたブラウジングとか操作とかもはかどりそうです。

(chromeは別で設定しているので普通のタッチ操作ができます)

ではこの辺で。

うじゃうじゃ


ブログを移転しました

前略

鴉河雛です

この自己満サイトをどれくらいの人が見ているのかわからないのですが、

私の設定ミスやらなにやらでいろいろとサイトがおかしくなっていたり、

バージョンアップできなくなってしまったり、様々な問題が起きているため、

新しくサイトを構築して、今後の記事はそちらに記載することにしました。

もともとこのHPはMinecraftサーバ用でもあったのでちょうどいい機会かなとか思ったりもしていますが、

このまま放置しちゃうのもちょっと寂しいような気がします・・。

ともかく、まだ私のサイトを見てくださるご奇特なかたがいらっしゃいましたら、以下のサイトまでお越しください。

嶽内の里


あれ?トピックが1つしか・・・

前略

鴉河雛です

というわけで、おかしくなってしまったHPとは別で主にブログ用として新しくこちらを構築したわけなんですが・・・

トピックが一つしか選べないということに気づいてしまいました 017.gif

トピックとはいわゆるこの記事で言うと日記であったり、前回の記事で言うと日記とGPD Pocketと前のHPでは複数選択することが出来たんですが、なんだかうまくいきません。

一つ選んで別のを選ぶと前のが解除されてしまいます・・ 014.gif

これはもうv8.2.0で設定が変わったのだろうとリリースノートを見てみたところこんな記述が!

Added the ability to specify whether a topic attribute should allow multiple topics to be selected or just one (thanks hissy)

複数選択できるようにするか設定に追加したぞ!と・・・

なんだとー 017.gifだから初期状態だと1つしかだめなのか!

ということで、設定見たら見つかりました・・一番下に・・

一番下って見逃しちゃう・・・w

場所はページとテーマ→属性→ブログトピック(blog topic)の一番したです。

ということで、v8.2.0以降はトピックを複数選択できるようにするか、単一にするか設定から変えられるみたいです。

では、また。


GPD PocketにXubuntuを入れました

前略

鴉河雛です

というわけで、GPD Pocketで色々と楽しんでいたわけなんですが、

Windowsも一通り?触ったのと、Windowsだとブラウジング程度しかしないことに気づいたので、かねてより入れておこうと思ったLinuxをデュアルブートの形でインストールしました。

といっても、Ubuntuって私の記憶の中だとめちゃくちゃ重かった気がするので(当時のPCが非力だったのもありますが‥)

Xubuntuを入れてみることにしました。

(最初はLubuntuって思ったんですがたまたま参考にしたページがXubuntuだったのでw)

で、実は今GPD Pocketで記事を書いているんですが、Xubuntu快適です!

やっぱり負荷が少ないのか、CPUも頻繁に高負荷にならないし、

ちょっと文章打っているだけならファンも止まっちゃうくらい温度が低いです。

肝心のインストール方法ですが、ふつーに入れるだけ・・・ではなく!

gpd-pocket-ubuntu-respinというツールを使って、GPD Pocket用のISOイメージを作成してから、USB経由で入れるという形になります。

インストールは上記URLに書かれているやり方の通りなので、特に難しいことはないですが、

作業用として最初からUbuntuなりCentOSなりのLinuxがあると楽です。

私の場合は、UbuntuがVMware上にいるのでそちらで作業を行いました。

ない人も適当にUbuntuをVMでインストールしてやればいいのかな?

とりあえずcloneして

git clone https://github.com/stockmind/gpd-pocket-ubuntu-respin/
cd gpd-pocket-ubuntu-respin/

以下パッケージも必要なのでなければ。

sudo apt install -y git wget genisoimage bc squashfs-tools xorriso

今回はXubuntu 17.04をDLしました。

curl -O http://ubuntutym2.u-toyama.ac.jp/xubuntu/17.04/release/xubuntu-17.04-desktop-amd64.iso

次に一旦スクリプトを動かすのですが、動かしたらカーネルをDLするように指示されます。

$ ./build.sh 
Display setting: Xorg
Looking for kernel image...


###### WARNING KERNEL FILES MISSING! ######
Download kernel files zip from this link: 
https://drive.google.com/uc?export=download&id=0B8-M0eiR7v8sRkZPOGxiUXpHMjQ
And put it on the build.sh folder.
Or check README to build kernel from source.
###########################################

指定されたURLからカーネルをDLして同じフォルダに置いておきます。(解凍は不要)

最後に、ISOを指定してもっかい実行すればいい感じに仕上がります。

./build.sh xubuntu-17.04-desktop-amd64.iso

私の場合VMだったので10分程度かかりましたが、早ければ5分程度で終わるらしいです。

とりあえず終わるまで気長に待ち、あたらしくISOファイルが作成されていることを確認しましょう。

(ファイルの先頭に”linuxium”がついているファイルができました)

作成されていることを確認したら、VM上でUSBに送るのも何なので、Rufusを使ってUSBへ書き込みました。

書き込みが終わったらいざインストールなんですが、私は念のためWindowsもとっておきたかったので、

非対応と言われていたデュアルブートにすることにしました。

(非対応っていいながらどうせできんだろー的な適当な考えで・・・)

ちなみにディスクの割り当てはこんな感じで、Xubuntuに50GB割り当てました。(スワップは・・・)

gpdx1.PNG

308MBのところはブートローダーが入ってます。Windowsと分けました。

インストールは普通のPCと同じいつもの感じで進んでいき、WindowsブートマネージャーにXubuntuを設定していざ起動・・・

と思いきや、ファイルが壊れているやらなんやらが出てきてうまくいきません・・・

仕方ないので、GrubをBIOSから先頭に持ってきてそっちから起動するようにしました。

(ぶっちゃけ変わんないんだけど、Windowsブートマネージャーが豪華なのでなんとなく使いたかったw)

ちなみにGrubは通常の縦画面になってましたが、起動時は最初からfbcon=rotate:1が入っているのでちゃんとした方向?で表示されます。

P_20170814_004541_vHDR_Auto.jpg

文字早すぎて画像はボケてますがw

ちなみに、BIOSから諸々を無効にするので、Windows起動時のGPDロゴも見なくなりました。

普通のWindowsですね。

P_20170814_004356_vHDR_Auto.jpg

Xubuntuを使ってみた感じ、最初からドライバ類は設定されているのでこちらで特にやるべきことがありません。

Wi-Fiも最初から接続できますし、

前のバージョンだとタッチの設定とかしたらしいんですがそれも不要でした。

ただ、解像度が高すぎて目が非常に疲れてくるので、DPIを170に設定しました。

dpitoka.png

ついでに、mikutterとChromeを入れました。

mikutter1.png

で、タッチはちゃんとできるんですが、スワイプ?というかスクロールなどが出来なくて非常に不便だったので、

そちらもちゃんと設定してあげます。

Ubuntu上のChromeでのタッチパネルの利用

(・・)!

やることは上記サイトの通りでおkでした。

コマンドラインのやつはやってないですが・・たぶん私はいらない。

ちなみにGPD Pocketは外で使う人が多いと思うのでテザリングとかも試してみましたが、

Wi-FiとUSBテザリングは普通にできました。(USBテザリングが差すだけでできたのはびっくりw)

ただ、Bluetoothがよくわからずペアリングまでは行ったんですがそこからネットワーク共有が出来ませんでした。

そもそもBluetoothテザリングをしたことがないのでやり方が全くわかなかったのでそれはまた今度ググっておきます。

ついでに、イヤホン端子ですが差しても音が出ませんでした・・・w

先ほどの「gpd-pocket-ubuntu-respin」のページにトラブルシューティングとしてのっていたのでそれ通りにしてみてもうまく音が出ず。

(切り替わっている感じはあるのでなんかやり方が違う?)

ちなみにWindowsの時は問題なく出ていました。

他には勉強用にRuby(2.4.1)を入れてみたり、いろいろやっていますがWindowsより消費電力が低い気がするし、

熱もあんまり発していないみたいなのでかなりいい感じです。

もちろん動画流したりなどの高負荷な作業をするとガンガン減っていったりはしますが・・w

追記!

続きの話を書いてます!

GPD Pocketの話

GPD Pocketの現状

では、また。


GPD PocketにXubuntuを入れました

前略

鴉河雛です

というわけで、GPD Pocketで色々と楽しんでいたわけなんですが、

Windowsも一通り?触ったのと、Windowsだとブラウジング程度しかしないことに気づいたので、かねてより入れておこうと思ったLinuxをデュアルブートの形でインストールしました。

といっても、Ubuntuって私の記憶の中だとめちゃくちゃ重かった気がするので(当時のPCが非力だったのもありますが‥)

Xubuntuを入れてみることにしました。

(最初はLubuntuって思ったんですがたまたま参考にしたページがXubuntuだったのでw)

で、実は今GPD Pocketで記事を書いているんですが、Xubuntu快適です!

やっぱり負荷が少ないのか、CPUも頻繁に高負荷にならないし、

ちょっと文章打っているだけならファンも止まっちゃうくらい温度が低いです。

と、肝心の詳細についてはまたこんど追記することにするとして今回はここまで!

ちょっと出先でネット環境が良くないのでw 032.gif

では、また。


GPD Pocketの使用感、および私用アクセサリ

前略

鴉河雛です

というわけで、GPD Pocketが届いてからしばらくが経過しましたが、

実をいうとあんまり触れていません。。

ようやくWindows側は自分向けにカスタマイズが終わってきたので、そろそろ使い始めるといった感じです。

ついにで、Rubyの勉強も始めたのでRubyをインストールして、Powershellから実行できるようにしました。

(文字がちっさすぎたのでフォントサイズを15くらいまで上げてます)

自分はぴっちぴち?の若者なので老眼ではないんですが、近眼なので画面がちょっとでも離れると見えなくなっちゃうのですが(眼鏡かけろ)、

スケーリングは150%に設定。

ソフト側でフォント等が設定できる場合は目視でいい感じまで引き上げたり引き下げたり。

“超”省電力設定なるものを試してみたりといろいろやっています。

GPD Pocket : “超”省電力設定

しかるのち様

ただ、私の場合は「最大のプロセッサの状態」を60%まで下げるとちょっと不便を感じたので、85%に変えてます。

これで1.35GHzくらいで駆動してます。

発熱も話題になっていますが、想像よりは低いかなぁといった印象。

ちょっとだけ熱い pic.twitter.com/kGlWQQr1yg

— からすがわ@バハ鯖 (@karasu_sue) 2017年8月7日

“超”省電力をやめて普通にブラウジングしてると60℃くらいまで上がります。

(室温30℃で)

キーの使用感は前書いた通り特に問題はなし、

”Q”、”W”あたりは押しにくいですが、数字で迷うことはそこまでないです。

Delキーがちょっと邪魔だったりしますが…w

今のところキーのカスタマイズは前書いた通りメニューキー(AppsKey)をIME切り替えにしているだけです。

今のところ考えているほかのカスタマイズはCapsLockをTabに変えるくらい。

CapsLockって普段から使わないし(仕事では使うけど)最悪固定キーを有効にすればいいのかなといった感じ?

適当に勉強する程度のプログラミングでは不自由はなく、動作も重くないです。

プログラマではないので本格的なところはわかりませんが、そんな感じです、はい。

TeraTermでの使用感は普通といった感じ。

Wi-Fi感度についてはTwitterでも言われている通り、ちょっと悪いです。

汚い話、トイレにこもるときにも連れて行ったのですが、普段なら2.4Ghzでバリ3(死語?)で入る場所なのにぎりぎりな感じになってました。

速度的には普通といった感じでルーターの近くであれば不便に思うことはないでしょう。

スピーカーはそもそもモノラルで申し訳程度についている・・という認識だったんですが、結構な音量が出ますし、

私のモニタについてるスピーカーよりよっぽどいい気がしますw(それはないかw)

適当に動画や音楽を垂れ流したりする程度であれば全く問題なしです。

(イヤホンについてはまだちゃんと聞いてませんが、初期不良的な感じではなかったです)

次にアクセサリ。

GPD Pocketのためにプライムセールで買っていたいくつかのものを試しました。

まずは、Type-Cハブ。

(リンクはアフィではないです。アフィ大っ嫌い!)

[QacQoc Type-C Hub SDカートリーダー付 USB3.0ポート×2 SDポート×1 [並行輸入品] QacQoc](https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41prX-TZa3L._SL500_SS75_SS75_.jpg)

QacQoc Type-C Hub SDカートリーダー付 USB3.0ポート×2 SDポート×1 [並行輸入品]

若干隙間が生まれているので怪しい感じですが、どれもそんな感じっぽいです。

一応充電できることまで確かめてます。

次にType-Aハブ。

Bengoo USB3.0ハブ 4ポート 高速度 USB Hub Surface Ultrabooks MacBook タブレット対応 軽量・コンパクト BENGOO

Bengoo USB3.0ハブ 4ポート 高速度 USB Hub Surface Ultrabooks MacBook タブレット対応 軽量・コンパクト

これは回転できるので、方向を気にしなくてもいいんですが、こっちもかなり浮いてます。

こっちはSDがさせず、本当のType-Aハブといった感じ。

USBメモリもいくつか買いました。

こんなに使うの?って感じですが、他のPCでも使うことがあるので予備含めてです。

上の一番右は2.0の64GBです。

後は別記事に書いた通り、トラックボールとポータブルHDD2TBを購入してます。

HDDはバックアップとかアニメとか入れておこうかなぁといった感じ。

(そとで気軽にみれたらいいなとw)

保護フィルムについて、

最初は買うつもりは全くありませんでした。

そもそも付属してきていたのでそれを使うつもりで・・

ただ、付属してきたフィルムがすごい貼りづらいもので、ほこりが入ったのと意外と指ざわりがよくなかったのですぐはがしてしまいました。

しばらくは何も貼っていなかったですが、トラックポイント?に慣れていないせいでスクロールが完全にタッチに頼っていたことと、

キモオタが映り込む既知の不具合がひどすぎるので対策としてアンチグレアフィルムを購入しました。

(ちなみに私の持っているモバイル機器はすべてアンチグレアフィルムを張っていますw)

もともとゴリラガラス3って聞いていたのでガラスフィルムまではいらないかなといった感じ(閉じれるし)。

指紋が目立たない 反射防止液晶保護フィルム GPD Pocket 用 OverLay Plus OLGPDPOCKET/6 ミヤビックス

指紋が目立たない 反射防止液晶保護フィルム GPD Pocket 用 OverLay Plus OLGPDPOCKET/6
ミヤビックス

貼るのが難しいというレビューもありましたが、下に合わせてやったらすんなりうまく行ったのでかなりいい買い物をした気がしますw

ちなみに、レビューがなくて怪しかったんですが人柱としてこんなアクセサリも購入してます。

GPD Pocket Win10 専用保護ケース スリムハードポーチ インナーケース MOOSE TOKYO

GPD Pocket Win10 専用保護ケース スリムハードポーチ インナーケース
MOOSE TOKYO

まだ届いてないのでどんな感じかはまた後日w

通称”赤乳首”を買おうかとも思ったんですが、尼だと3個で700円とかいうよくわからん価格だったので購入をやめました。

そもそも、ThinkPadなどのトラックポイント搭載端末を使ったことがないので比べようがないんですよね・・(買えばいいんだろうけど)

現状”青乳首”で問題なく操作できているのでそのままといった感じ。

(テーブルあればトラックボール買ったし其れで行ける)

といった感じで、またあんまり内容が詰まっていない記事ですが今回はこの辺で。

早くLinuxあたりを入れたいんだけどまだ怖いのでUSBからか、VMで雰囲気だけでも楽しみたいかなと思います。

では、また。


GPD Pocket が届いた

前略

鴉河雛です

というわけで、IGGで出資していたGPD Pocketが届きました。

と言っても実は何かに使うとかそういったのはなくて、

ただ何となく出資していただけだったり・・・w

GPD Pocketについて特筆すべきことは結構ほかの人が書いていたりしているので特に書くことがないです。

とりあえず開封したので、その写真。

これはいらんか・・

結構きれいな箱。

Zenfone3を思い出させます。

とりあえず仕事行く前に届いてしまったので、何もせずそのまま持ち出してみました。

意外と重い気もしましたが慣れたらそうでもなく、キーもすぐ慣れてしまったので特にいうことなしです。

熱がひどかったのでとりあえず転がっていたグリスで塗りなおしました。

上のプラスチックの部品は初期ロットにはなかった気がします。

電源周りの対策でしょうか。

あと、放熱シートも人によって違うみたいですね。

ほかの人みたいにメモリ周りやバッテリーに放熱シートを張ったりしていないのであんまり変わった気もしないですが、

そこまでハードな使い方をする予定でもないので大丈夫でしょうが、今度の休みにヨドバシでシート買おうかな・・?

カスタマイズについてですが、特にこれといったことはしていないです。

とりあえずMicrosoft公式で作れるメディアでクリーンインストール後、ドライバーはDouble DriverとBaiduで落とした公式のを合わせていい感じにしてみました。

今のところ問題は、再起動時にちゃんと落ちてくれず、起動してくれないことくらい。

シャットダウンはできるので、もうシャットダウンを選んで起動しなおしてます。

キーも意外と慣れてしまったので配列の入れ替えは行わず、メニューキーをIME切り替えに変えた程度です。

(AutoHotkeyで)

スクロールについてはもAutoHotkeyでやっている人がいましたが、その方法だと全くしっくりこなかったので、

W10Wheelを使うことにしました。

と、とりあえず今回はこの辺で。

時間があったらUbuntuのデュアルブートとか試してみたいですね。

では、また。


エアコンをー

前略

鴉河雛です

というわけで、念願だったエアコンを手に入れました!

と言ってもセパレートではなくてウィンドエアコンです。

もともと、セパレートと思っていましたが、取り付けられる場所がなさそうなのと、

取り付けられたとしても電気工事にすごいかかりそうだったので、ウィンドエアコンのほうがいいかなっていう感じになってました。

ただ、私の部屋はベランダ側の窓と、出窓の2つしかなくベランダ側につけるしかないかなぁと思っていたので、

部屋の狭さもありちょっとあきらめていましたが、思い切って出窓につけてみようということで購入に至りました。

出窓と言ってもいろんなタイプがあると思いますが、

私の家の出窓はそこまで出っ張っておらず人が座っても大丈夫な強度があるので、とりあえずは大丈夫そうです。

ただ、窓の立ち上がりの部分が短かったので付属のパーツをサッシに取り付けることになり、これにちょっと手間取ってしまいましたw

30分で設置ができるはずが結局1時間半。

やはり出窓につけたことによって部屋にははみ出しておらず結構いい感じ。

ちょっとコンセントが短いのが問題ですが・・・(延長したいー・・・だめか・・・)

え?写真?

とってますが載せません。(ぇ

では、今日はこの辺で

うじゃうじゃ


久々にOBSをビルド

前略

鴉河雛です

というわけで、配信から退いてしばらく経ちましたがいまだにDJMAXとか音ゲー関連はちょこちょこ配信したり、

今後もDJMAX Respectが出たら配信する予定があったのと、

FF14のFCで以前配信していたという話をしたら以外にもやってほしいという声があったので(前FCではもめてやめた)、

久々にやろうかと思ってOBSを立ち上げたらFF14が映らない!

映ってた時との変更点はReShadeを入れたか、Creators UpdateをしたくらいだったのでとりあえずReShadeを無効化するも効果なし。

WinUpdateが原因となるとめんどいので、大体こういう時にやる対策としてはプログラムを互換モードにするくらいなので、

とりあえずWin7にしたところ映る。

とまぁ、映ったはいいけどなんか気持ち悪いのでOBS自体を更新してみることに。

(もともとは18.0.1を使用)

で、私はいつも少佐氏のビルドスクリプトを使用しているのですが、なんかFFMPEGでうまくビルドできずファイルが一部しか作成されてませんでした。

なので、とりあえずれどめを再確認したところこんな記載が!

※x264のビルドに対して重要な変更があります。

[変更内容]

  下記のコミット以降のソースコードをビルドする場合、  
  以前は「yasm-1.2.0 以上が必要」だったものが、  
  今後は「nasm-2.13 以上が必要」に変更されました。

  git-d2b5f48  
  x86: Change assembler from yasm to nasm

  そのため、現在ご利用のビルド環境に、  
  nasm-2.13 以上が存在していることをまず確認し、  
  存在しない場合は自身でインストールするか、  
  インストール済のビルド環境を用意して下さい。

ということなので確認したところnasmはv2.11でしたw

でササっとnasmの最新版を取得していく。

curl -O http://www.nasm.us/pub/nasm/releasebuilds/2.13.01/nasm-2.13.01.tar.gz
tar xzfv nasm-2.13.01.tar.gz
cd nasm-2.13.01

./configure --prefix=/mingw
make
make install

とりあえず、これで最新版を入れられました。

$ nasm -v
NASM version 2.13.01 compiled on Jul 23 2017

ちなみに今から環境構築する人はつかうそれによってインスコ済みだったりするので、先に上記で確認してからビルドしたほうがいいみたいです。

れどめにも書かれていました。

今日時点での最新版は FFmpeg n3.3.2でOBSMP 19.0.3です。

とりあえずその最新版でOBS MP 改二をビルドして、何とか通常の状態でキャプチャできるようになりました。

OBS自体の更新履歴とかは見ていないですが、どこかで改善されたのかな・・?

とまぁ、今日はこの辺で。

ではまた。


トラックボールに

前略

鴉河雛です

というわけで、別に日記を書くのをサボってたわけじゃないんですが・・・()

先日のアマゾンプライムデーでトラックボールが売っていたのでちょっと買ってみました。

一応用途はノートPC用かなぁと思っていますが、ぶっちゃけるとGPD Pocket用ですね。

と言っても私のやつはまだまだ届きそうにないので、いったん普段使いのPCにつなげてみました。

今回勝ったのはBluetooth式なので、PCにアダプタを指していざ接続・・・

ボールめちゃ早い!動きヤバイ!

ということで、ネットの記事を参考に速度を落としつつ、本体のほうも慣れるまでdpiを落としておきます。

現在記事を書いているときは結構慣れてきているんですが、やっぱり細かい動きでちょっとストレスが・・・w

これは慣れるといいんでしょうけど、やっぱり手首はかなり楽です。

問題があるとすればBluetoothで、干渉しているのかたまにカクカクにww

これは仕方ないし、以前も無線式買って同じ現象だったので諦めます。

きっと部屋が悪いんでしょう。

(書いてる途中に何とかできないかとルータの設定変えてたら狂ったので初期化したところ直りました

 以前はチャネルを自動にしていなかったのでそれが原因かなぁとか思ってたんですが、初期化したら自動になっていたのでそれで良しということでw)

今日はこの辺で。

ではまた。


セール

前略

鴉河雛です

というわけで、待ちに待った?アマゾンのプライムデーがやってきました。

と言っても、前回と違って大してほしいものはなく、GPD Pocket用のUSBメモリーを追加で買おうかなぁとかそんなもん。

とりあえずあんまり人気がなさそうだった、よくわからんメーカーのUSBメモリー。

PNY USB 3.1 TYPE C/A デュアルUSBメモリ 2in1 OTG スマートフォン&タブレット、 Nokia N1、新しいMacBook、GOOGLE PIXEL対応 (R: 120MB/S、W:20MB/S) PNYPNY USB 3.1 TYPE C/A デュアルUSBメモリ

アメリカの会社らしいです。

TypeCにもなる2in1ということで、 なんとなく購入。

64GBを買ったんだけど、今ページみたら32GBまでしか書かれてなくてちょっと不安w

次、

買う予定のなかったポータブルHDD。

いや、USBじゃ足りんものをちょろっと入れてGPDに接続したらファイルの移動楽かなぁとか。そんな感じ。

WD HDD My Passport Ultra WD HDD My Passport Ultra

サイズは2TBのものを。色はシルバーがよかったんですが、シルバーのセール時間が結構先なのと、

明日夜勤なのでその時間寝てそうな気がしたのでまぁいっかという感じで購入w

ただ、カートに入れて2,3秒後にはすでにいっぱいになっていて、予約に切り替わってました 017.gif

とまぁ、現時点ではこの2点のみ。

外も今回はあんまり買う予定ないですが、一応もう1個だけUSBを買おうと思ってウォッチ中。

HDDもいいなぁと思いながら、今回は見送り。

NASとかも買いたかったけどお金ないのでそれも見送り。

ただ、そのNASは仮想マシンを起動できるらしいのでなんかいろいろできそうでそのうち買うかも?

今録画サーバ件ファイルサーバのNUCもちょっとあれだしねぇ・・RAID組んでないし。

ところで、80万のPCがセールに並んでましたが誰が買うんでしょう。

そして割引後の価格が気になりますw

とまぁこれはこんなもんで。

FF14の話もあったけど、それはロドストに書いたのでそっちで。

では、また。


ふンふン

前略

鴉河雛です

というわけで、今回の休みはちょろちょろっと録画サーバをいじってました。

というのも、現在Windows10で稼働しているので、勝手にWindowsUpdateがかかっちゃうんですよね・・・

で、録画中に起きると、jsonが破壊されるのか、よく分からない状態に・・・

ということでとりあえずWinアプデは無効化しました。

net stop wuauserv /yes
sc config wuauserv start= disabled

いつでも停止、再開できるようにバッチに。

再開は以下ですね!

sc config wuauserv start= demand

ただ、これをやってしまうとWindowsDefenderの定義更新も止まっちゃうんです。

なので、タスクスケジューラに以下のバッチを登録して毎日実行するようにしています。

"C:\Program Files\Windows Defender\MpCmdRun.exe" -SignatureUpdate -MMPC

さらに!

再起動をしたときにDockerが起動してくれないので、そちらも自動で行います。

といっても私はコマンドプロンプトとかまったくわからないので、とりあえず動いた適当な感じのものを・・・

@echo off
for /f "usebackq tokens=*" %%i in (`^docker-machine ls ^| find ^"default^" ^| find ^"Running^"`) do @set RESULT=%%i

if "%RESULT%"=="" (
    call :dockerstart
) else (
    call :chinachustart
)
exit /B 0

:dockerstart
    echo "dockerマシンを起動します"
    docker-machine start default
    call :chinachustart
    exit /B 0

:chinachustart
    echo "chinachuを起動します"

    FOR /f "usebackq tokens=*" %%i IN (`docker-machine env --shell cmd default`) DO %%i

    cd C:\Users\なまえ\dockerwork
    docker-compose restart

いまだにDockerとかよくわからんです。

分からないものは使いたくないんだけど、使います 020.gif

前に録画サーバたてたよっていった記事に書かれているdocker-compose.yml

あれ絶対書き方違うと思う・・・

とかいって、直さないんだけどそのうち試す。

次に録画サーバ組むときはUbuntuでやろうかなぁと思っているのでそっちではDockerは使いませんが・・・。

てな感じでこれはこの辺で。

昨日届いたヘッドセット。

昨日は痛くなってきたけど、今日は大丈夫。

慣れてくればいいかんじになるのかなぁ・・と。

うじゃうじゃ


SteelSeries Arctis 7 を購入

前略

鴉河雛です

というわけで、Twitterでちらっとヘッドセット欲しいなぁとかつぶやいていたんですが、

ボーナスも出たので、自分にご褒美?ということで新しいものを買いました。

以前使っていたのが、SteelSeries Siberia v2だったんですが、音量調節の部分が案の定というか接触不良を起こしていて、

うまく力を加えないと両方のスピーカーから同じ音量が出なくなってしまいました。

3年くらい使っていて、かなり気に入っていたんですがちょっと残念。

ケーブルの長さとかもろもろがちょうど椅子のひじ掛けに引っかかったり、ケーブルが肩にあたったりでちょっとイライラすることもあったので、

無線に対応している同じSteelSeriesのArctis 7を購入しました。

色はブラックで、Amazonで約18000円でした(高い買い物だ・・)。

arc7_4.jpg

早速届いてからのPCへ接続。

無線機器へのペアリングも必要なので、同時に済ませます。

ただ、説明書の日本語がちょっと怪しかったです・・(なんとなくそれっぽいことは書かれてるので勘のいい方やある程度機器に詳しい人ならわかるでしょう)

と言っても、普通に無線機器のほうを接続待ちへ変更し、ヘッドセットの方も電源6秒以上長押しで終わりという感じ・・・

PCでの調整は、SteelSeries Engineが必要だそうで、そちらをインストールします。

インストール後、起動すると早速Arctis 7 に更新がある旨を知らされたので、そちらを行いました。

arc7_1.PNG

(無線機器、ヘッドセット両方をUSBでPCへ接続すると更新することが出来ます)

更新後、設定を押して項目を見ていきます。

arc7_2.PNG

上部にDTS HEADPHONE:X7.1の有効のトグルがあります
音楽などを聴いているときに有効にするとちょっと乾いた感じ?になるので無効がいいかもしれません。
ゲームはまだplayしていないのでそのうち追記します

プリセットはサラウンド有効時のプリセットです。
それぞれの用途で使うらしいですが・・・

イコライザーはそのままですねw
そちらにもプリセットがあるのでいい感じにカスタムするもよし、プリセットを使うのもよしといった感じです。

ダイナミックレンジ圧縮は、私もよくわからないですが音量?を均等にするやつらしい?

音割れが発生したときに調整するといいらしいですが、今のところ大丈夫そうなのでオフに(画像だと低にしてますが 032.gif

そのほかの項目は見たままでしょう。

使用感は結構いい感じで、前まで使っていたSiberia v2よりちょっと音質がいいかな?といった感じもします。

サイズの調整はバンドみたいなもので行うんですが、私の場合はほぼそのままで違和感なく装着できました。

耳のとこはふかふかしていてあまり疲れなさそう。

ただ、ちょっと暑い・・w

問題はマイクで、普段は使わないのでミュートにしているんですがそれが点灯して知らせられるとちょっとなぁといった感じ。

まぁこれは知っていて買っているので仕方なしということで。

SteelSeriesはマイクの音量がちょっと低いことで有名だったりしますが、

VCする友達もいないので自分で聞いてテストした感じ、やはり小さい・・・

Siberia v2よりは大きいような気はしますが、そこはマイクの位置調整によって変わってきそうです。

ブレスがのらないぎりぎりに調整するのって結構難しいんですよね。

特に私は鼻炎で鼻が常に詰まっていて、口で息をすることが多いのでブレスが乗りやすかったり。

マイクとヘッドフォンのバランス調整についてはよくわかってないのでお預け。

上記と音量の調整部分はゆるゆるなので指が触れただけで動いてしまい、ちょっと残念なところがありますが、

音量のほうは事故防止のために、最初に最大にしてPCで調整し、万が一間違えて最大になった時に耳にダメージが来ないようにしておきました。

Siberia v2との比較は以下の通り。

arc7_5.jpg

やっぱりケーブルがないだけすっきりしていていいですね。

自室からトイレ、台所といろいろ試しましたが結構離れていても届くので、

音楽を聴きながら、VCしながら家の中を歩き回れていい感じです。

追記:

自室から一番遠い洗面所はぎりぎり届く感じで、「ピッピッ」って音が鳴ってノイズが出ましたw

といった感じで、今日はこの辺で。

では、また。


うーむむむ?

前略

鴉河雛です

というわけで、最近HPのテーマを変更したりいろいろやっているわけですが、

CKEditorの”スタイル”がちょっとおかしい。

いつもだったら、ボタンとかいろいろあるんだけど、今は”Horizon Line”のみ・・・

テーマのせいなのかなぁ、とかいろいろ考えてるけど今のところ解決策は見つかってないです。

直接CKEditorに上書きしちゃうのもありなんだけど、それも解決とはちょっと違うような・・

まぁ、とりあえずしばらくはこのまま行くだろうけど、最近どうもエラーとか出たり調子がよくないのでいったんきれいにしたいですね。

concrete5を初期化して記事だけ移動とかできないものかなぁ・・・

追記:

いろいろ調べてみたところ、現在使っているスタイルにはボタンがないみたい。(たぶん・・・)

それぞれ設定されているテーマのスタイルに合わせて表示されるようなので、ほかのテーマで使えるスタイルは持ってこれない?ようです。(結局わからん)

結局解決策としては微妙な直接設定する方法をとりました。

(といっても、ボタンとマーカーだけw)

CKEDITOR.stylesSet.add( 'concrete5styles', [
    // Block Styles
    { name: '青字', element: 'h5', styles: { 'color': 'Blue' } },
    { name: '赤字', element: 'h5', styles: { 'color': 'Red' } },

    // Inline Styles
    { name: '黄色マーカー', element: 'span', styles: { 'background-color': 'Yellow' } },
    { name: '成功ボタン', element: 'span', attributes: { 'class': 'btn btn-success' } },
    { name: '標準ボタン', element: 'span', attributes: { 'class': 'btn btn-default' } },
    { name: '重要ボタン', element: 'span', attributes: { 'class': 'btn btn-primary' } },
    { name: 'でっかいボタン', element: 'span', attributes: { 'class': 'btn btn-large' } }
] );

これで、ボタンとかつけられるように・・・

成功 標準 重要

では、また。