Acer Chromebook R11を購入

前略

鴉河雛です

というわけで、タブレット類の整理を半年くらい前にしていて、

古くなったREGZA Tablet AT503とdynabook tab S38を処分したのでメディア用の端末が消えてしまったので、

買い替えようかなぁ、と候補に選んだのが。

iPad(9.7インチ)とZenpad 3 8.0とChromebook。

iPadは欲しいけどiOSが嫌いすぎてiPhoneの使用をすぐやめたことがあるのと、

Zenpadはものとしてはいいんだけど、ちょと小っちゃい。

あと持ち運びしないのでSIMが刺さる意味もなし・・・

というわけでChromebookが残ったんですが、日本で売ってるChromebookってなんか高いw

特に今回の用途的に欲しいと思ったFlip型?は同じスペックでもちょっと高めだったり、

スペックが無駄に高いのとすごい低いのしかない・・

こりゃ困ったぞ!

ということでAmazon.comで探してみたらいい感じのを発見し購入。

それがAcer Chromebook R11(CB5-132T-C1LK

日本だとCB5-132T-A14NとC738T-A14Nで販売されているものと同型ですが、スペックがこちらのほうがわずかに上。

日本モデル 海外モデル
CPU Intel Celeron N3060 (2Core) Intel Celeron N3150 (4Core)
メモリ 4GB 4GB
ストレージ eMMC 32GB eMMC 32GB

こんな感じでCPUが違います。

値段は当時日本モデルが4万5千円くらい。

購入したほうが249ドルで2万6千円くらい。

これがおま国価格というやつですか・・・

というわけで開封。

箱は普通。

見た目は完全にノートPC。

まずはデベロッパーモードにします(画像はちょっと違うやつ)

Linuxを入れるにはデベロッパーモードが必須なのです。

ごにょごにょしてSuperSUを入れてみるも、それで利用したいアプリがうまく動かなかった・・

PlayStore対応なのでこのようにデレステも・・・といいたいですが例の問題がでるのでちょっとあれです。

ただ、Androidによくある音ズレがないので結構いい感じでした。

(これのためにSuperSUを入れたんですがグラフィック偽装アプリがうまく動きませんでした)

アズレンもこの通り!

ベンチマークの画像は消失してますが、スナドラ810程度だった気がします。

普段はChinachuの録画データを見たりとか、アニメ見たりとか。

そんな感じで使ってます。

追記

海外モデルですが、きちんと技適マークがついてますので安心して使用できます

あと、電源プラグがちょっと違うので、変換アダプタを買う必要があるので注意です!

こんなん。

サンワサプライ 3Pプラグを2Pに変換用アダプタ

スピーカーはキーボードの下にありますが、横向きにも穴が開いてるので、

どのスタイルで使用してても結構いい感じに音が出ます。

音質もいい感じ!

追記終わり。

では。また。